Young Entrepreneurs Group

青年部とは

 昭和30年に、商工会から商工会議所に昇格した宮津市(京都府)が、前身の青年部を商工会議所青年部に移行したのが、全国で最初に誕生した青年部になりました。

 その後、商工会議所活動の一翼を担う青年の集まり、次代を担う青年経営者(後継者)育成の必要性が高まり、全国各地に青年部設立の気運が高まりました。

 全国的に、昭和40年代後半から、50年代、60年代の設立が多く、日本YEG(商青連)の歩みと比例しています。

YEGの意味

「YEG」(若き企業家集団)とは

商工会議所青年部の英語名(Young Entrepreneurs Group)の頭文字をとったもので、同時に商工会議所青年部の持つコンセプト(若さ、情熱、広い視野)を持った経営者=Youth,Energy,Generalistを表している。

相生YEGの歴史

設立

昭和55年10月24日

歴代会長

初 代:琴川嘉友希(S55・56年度)

第2代:岩本 学(S57・58年度)

第3代:門野敏明(S59・60年度)

第4代:和田二郎(S61・62年度)

第5代:横田善夫(S63年度)

第6代:平田 光(H元年度)

第7代:小林浄土(H2・3年度)

第8代:遠藤英史(H4・5年度)

第9代:石井元之(H6・7年度)

第10代:井川昌幸(H8・9・10年度)

第11代:佐用哲至(H11・12年度)

第12代:井川昌幸(H13年度)

第13代:米田和志(H14年度)

第14代:田中英彦(H15年度)

第15代:岡本幸人(H16年度)

第16代:山田三朗(H17年度)

第17代:山下博司(H18年度)

第18代:松田 晋(H19年度)

第19代:吉田昌紀(H20年度)

第20代:金海誠一(H21年度)

第21代:吉野勝美(H22年度)

第22代:福田設男(H23年度)

第23代:半田博輝(H24年度)

第24代:吉田竜也(H25年度)

第25代:吉村春樹(H26年度)

第26代:大塚義宣(H27年度)

第27代:今井浩史(H28年度)

第28代:岩崎拓也(H29年度)

第29代:平田雅義(H30年度)